前へ
次へ

親は子供を学習塾に行かせるだけで安心しない

親は子供を育てる義務があり、さらに教育を受けさせる義務もあります。
義務教育と聞くと子供の義務のように聞こえますが実際は親が子供に教育を受けさせる義務の期間を指します。
親としては最低中学までは子供に学校に通わせ、高校以降は子供がしっかりと考えて進学するかどうかを決めることになります。
学校に行っている間は親は一応は安心できるものの、実際に子供がどうやって勉強しているのかなどが気になるときもあるかもしれません。
子供を学習塾に通わせて勉強させるとき、親でありがちなのはそれで安心してしまうことでしょう。
進学目的の学習塾に通わせたら後は塾の方が合格に導いてくれると考えがちですし、勉強が遅れている子供をサポートしてくれる塾なら遅れないようにしてくれると考えがちです。
実際に通っているのは子供で親は子供が塾でどんな勉強をしてどんな学力になっているかが分からないでしょう。
親としては通わせるなら目的通りになっているかをチェックする努力をした方が良いでしょう。

Page Top